【ガスコンロ掃除】重曹とアルミホイルで頑固な汚れを落とす

最近急に秋めいて

過ごしやすい気候になりましたね。

窓全開が心地よい、

エアコンなしで過ごせる快適な季節ですね🍁

お掃除やお片付けにも

最適な季節だと思います。

年末に向けて、今のうちから少しづつ

お掃除を始めておくと良いですね(*^-^*)

私は先日、

キッチンのガスコンロの掃除をしました。

毎晩拭いてリセットしているつもりでしたが、

いつの間にか拭いても洗っても落ちない

汚れが付いていました。

今回、安心素材の重曹

お家にあるアルミホイルを使って

お掃除をしたら、

何をしても落ちなかった汚れが

とてもキレイになりましたので、

その方法をお伝えさせてください☆

必ず、ガスの元栓を閉じてから作業を開始してくださいね。

用意するもの

・大きめのタライなど
・重曹
・アルミホイル
・メラミンスポンジ
・使用済み歯ブラシ

①《外せる部品》を重曹でつけ置き

ガスコンロには外せる部品と外せない部品があり、

わが家の場合、外せる部品は

・五徳
・バーナーキャップ

の2種類でした。

すべてタライに入れ、

ひたひたになるまで60℃のお湯を注ぎます。

そして、

1リットルに対して大さじ1の重曹を入れ

かき混ぜ、1時間程置きます。

その間に外せない部品をお掃除しましょう。

次に続きます。

②《外せない部品》をアルミホイルとメラミンスポンジで磨く

外せない部品は、

・バーナーリング
・バーナー本体
・温度センサー

バーナーリングは濡らした

メラミンスポンジで軽く擦ります。

続いて、

温度センサー・バーナー本体は

アルミホイルを丸めて濡らしたもの

軽く擦ります。

隙間に詰まった細かい汚れは

歯ブラシで擦り…

見てください。

こんなにキレイになりました!

③つけ置きしていた《外せる部品》を洗う

①でつけ置きしてしていた外せる部品、

お湯が黒ずんで汚れが浮いてきています。

そこで、歯ブラシで軽く擦り、

汚れを落とします。

そして、綺麗に水で洗い流して、

乾かします。

乾いたら、

元に戻し、完成です!

いかがですか?!

新品まではいきませんが、

かなりキレイになったと思います☆

まとめ

今回、60℃の重曹を混ぜたお湯で

つけ置きしましたが、

汚れがひどい場合は、

同じ濃度のお湯で10分間煮沸し、

その後、冷めるまで放置すると

スルッと汚れが浮いて落ちるそうです!

汚れ具合にもよると思いますが、

重曹パワー、ぜひ試してみてください☆

また、丸めたアルミホイルを濡らしたものは、

メラミンスポンジでは落ちない頑固な汚れに

有効です。

ただし、強く擦ると素材を傷つけてしまう可能性が

あるので、優しく擦っみてくださいね☆

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA